『JAF』をご存知でしょうか?

「ジャフ」と呼ぶ人もいれば、「ジェエーエフ」「ジェフ」と呼ぶ人もいます。

『JAF』の正式な呼び方は決っていませんが、自動車を運転している人なら一度は耳にしたことがある単語です。

『JAF』とは、会員制のロードサービスを提供している日本自動車連盟です。

提供しているサービスは、鍵の閉じ込め、バッテリー上がり、タイヤのパンク修理、事故時のレッカー移動など、自動車のあらゆるトラブルに対応してくれます。

『JAF』のサービスを受けるためには個人会員か家族会員、法人会員のどれかの会員にならなくてはいけません。

家族会員は、家族の中の誰かが個人会員(親)であれば家族会員(子)になることができます。

個人会員だと年会費が4000円で、家族会員は2000円になります。

個人会員になるためには入会金の2000円と年会費が必要になりますが、家族会員は年会費が不要です。

そのため自宅に自動車が数台あって、家族でそれぞれ自分の自動車に乗っているのであれば、それぞれが個人会員で入会するよりも家族の中の1人が個人会員に入会して残りは家族会員になることで、年会費をかなり安くすることができます。

『JAF』は入会しておけば、どの自動車を運転していても会員であればロードサービスを受けるコトができます。

『JAF』では自動車の登録ではなく、運転手の登録になるからです。

そのため友人から借りた自動車で鍵の閉じ込めをしてしまっても、『JAF』の会員であれば連絡すればスタッフが対応してくれます。

サービスの内容は個人会員と家族会員では違いはありませんが、個人会員でないとモータースポーツの競技会や走行会には参加することができません。

サーキットの走行会に参加したいという人は、家族が『JAF』に入会していても個人で入会しておかなくてはいけませんので、その点は気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です