JAFの会員になると毎月『JAFメイト』という薄い冊子が送られてきます。

『JAFメイト』には交通事故を未然に防ぐための注意事故や自動車のトラブルの対処法、これからの季節に起こりやすい事故など、毎月自動車のコトを書いてあり意外と面白かったり、こういう時はこうすればいいんだ、という知識も身に付くので真剣に読まなくてもパラパラと目を通すことをオススメします。

また『JAFメイト』には、その月に開催されるJAFのイベントを紹介しているので、興味がある人は行ってみることをオススメします。

イベントには、最近話題の電気自動車の体験走行ができるイベントもあれば、自動車免許を取得する時に学んだ人命救助の講座もあります。

また親子で参加するイベントもあるので、小さな子供がいても大丈夫なイベントもあります。

親子で参加できるイベントは、祝日が多い月や5月のGWなどの連休が続く月には、必ずと言ってあるので前回に行くことができなかった、という会員でもまた行くことができる機会があるので、欠かさずチェックしましょう。

JAFが開催するイベントで気を付けなくてはいけないのが、参加資格があるということです。

最低限のルールは、JAFの会員であるということです。

例えば、友達と会って何気なく会話をしていた時にJAFのイベントのことを知って、会員でない人がそこのイベント会場に行っても参加することはできません。

2人1組の場合であれば、どちらかが個人会員であればもう1人がJAFの会員でなくても大丈夫なイベントもあります。

また、JAFが主催するサーキット場でのライセンス取得のイベントには、個人会員しか参加することができません。

親が個人会員で入会しているから子供が家族会員で入会していても、ライセンス取得のイベントには家族会員の子供は参加することができません。

その場合は、家族会員を抜けて個人会員になる必要があります。

JAFでは1軒の家で個人会員は1名でなくてはいけないという決まりはありません。

そのため、家に住んで自動車に乗る人が全て個人会員で入会しているという家庭もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です