自動車の外装オプションパーツはディーラーでも販売していますが、数や種類はそこまで豊富ではありません。

ディーラーで販売している外装オプションは、1つのパーツに対して1種類~2種類しかありません。

ディーラーで販売している外装オプションのほとんどは、いちばん上のグレードのカスタマイズ仕様で装着しているモノばかりです。

カスタマイズ仕様の場合、スポーツカーであれば走りに追求したものがほとんどで、ワンボックスのモノになれば見た目を追求したものになります。

見た目重視とは、例えば自動車のホイールの場合であれば、アルミ製のホイールをステンレス製にして光沢感が出る様にして、色もシルバーではなく、黒やゴールドといった高級感が出るものを採用しています。

スポーツカーであれば、走りに追求しているのでウィングが付いていて、運転席のシートがバケットシートになっています。

また、自動車の重量を少しでも軽くするために自動車のホイールをアルミ製からステンレス製に変更していることが多いです。

スポーツカー、ワンボックス共に言えることがカスタマイズ仕様だと車内の足下にあるフロアマットがカスタマイズ仕様になっていて、スピーカーがBOSEになっていることも珍しくありません。

カスタマイズ仕様の自動車は、いちばん上のグレードのために他にも変更されていることがあります。

タイヤのサイズが1サイズ大きくなっていることもあります。

しかし、カスタマイズ仕様で使われているオプションパーツを下のグレードが装備できないかときかれたらそうではありません。

下のグレードでも装備することができます。

そのため、いちばん上のグレードは価格が高いから下のグレードを購入して、カスタマイズ仕様のオプションパーツに変更できる部分の一部を自分好みにしているヒトもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です