芸能人がスキャンダルを起こしたり、週刊誌に過去の出来事や異性関係のトラブルなどを記載されると、高確率でその芸能人が出ているCMやドラマはすぐに打ち切りになったり、放送されなくなります。

それは、スポンサーであるCM会社が自社のブランドを傷つける、商品に影響が出るからと、契約を打ち切るからです。

スポンサーの多くは、その芸能人の人気やイメージを重要視しています。

ターゲットにしている年齢層に人気がある芸能人をCMに起用して、ターゲット層を呼び込もうとします。

その芸能人が出ているからCMを見ているというのが、企業にとっては非常に重要なのです。

だからこそ、契約をしている芸能人が何らかのトラブルを起こしてしまうと、CMの放送も中止にしなくてはいけないので企業にとってはマイナスなのです。

契約を交わしているから芸能人の多くは違約金を払うこととなります。

しかし、立場が反対になってしまうとどうなのでしょうか。

企業が何らかのトラブルを起こしてしまった時、ほとんどの企業はCMの放送を中止します。

しかし、それは起用した芸能人ではなく、自社を守るための対策のひとつなのです。

企業が不祥事を起こしたとしても、CMに出ている芸能人からCMを降板させてほしい、CMを使わないで欲しいとは言えないのです。

日産は、無資格者に車体の最終検査をさせていることが問題となりましたが、何事もなかったようにCMを放送していました。

日産の場合だと次から次へと問題が明るみになったため、出荷を一時的にストップさせていました。

スポンサーとしても、芸能人はペナルティーがつきものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です