外が寒くなると、車も寒くなります。

特に外の外気に触れる駐車場に自動車を停めておいた翌朝の車内は、とても冷えています。

寒い寒いと思ってエンジンをかけた瞬間に暖房をマックスにしてオンにするヒトが多いですが、その行為は車のバッテリーに負担をかけてしまうのでオススメできません。

バッテリー上がりでエンジンがかからなくてJAFに救助を依頼するのは、夏よりも冬の方が多いのです。

大きなバッテリーを積んでいる自動車であればそういったコトをしても問題はあまりありませんが、普通の容量のバッテリーでそういったことをするとエンジンがかかりません。

ある程度の年数が経過した自動車だと、冬の方が冷えているのでエンジンのかかりがとても悪いです。

エンジンのかかりが悪いなっと思ったら、本格的な寒さが来る前に容量が少し大きいバッテリーに交換するだけ、エンジンのかかりの悪さが改善されることが多いです。

基本的に自動車のバッテリーは走行していれば問題ないといいますが、走行距離が短いとバッテリーに蓄電されないので、消耗する一方です。

なので、自宅から職場までがあまりにも近いとバッテリーの消耗が激しく、走行していても蓄電されないので注意が必要です。

しかも12月はJAFは出動要請がとても多いので待ち時間も長い時は数時間になります。

その理由はJAFの出動要請の理由です。

スリップして路肩にタイヤを落としてしまった、雪にハマって動けなくなったとなれば作業に時間がかかってしまうからです。

これらの出動要請は冬限定なので、夏には発生しない出動要請なので、冬の方がJAFは多忙なのです。

特に12月になると年末年始の帰省ラッシュなども起こるので、バッテリー交換は早めにしておきましょう。

ちなみにバッテリーが切れた車内でJAFを待つとなるとかなり寒いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です